メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型気象レーダー

局地的豪雨、短時間で予測 五輪活用も視野 埼玉

埼玉大学の建物屋上に設置された新型気象レーダー「マルチパラメーター・フェーズドアレイ」=さいたま市桜区で2017年12月1日午後2時53分、飯田和樹撮影

 局地的豪雨や竜巻を引き起こす積乱雲の状態を、短時間に高精度で把握できる世界初の新型気象レーダーが埼玉大(さいたま市)に設置され、報道陣に公開された。数百メートル四方のエリアを予測できる精度があり、2020年東京五輪・パラリンピックの会場上空の大半を観測できることから、競技の開始や中断、観客の避難の判断に役立つという。

 新型レーダーは「マルチパラメーター(MP)・フェーズドアレイ」と呼ばれ、縦2・5メートル、横2メー…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文407文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです