メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/63 闘争

さざ波を立てては消えていく=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

生の回路開くために

 「水俣病展2017」が熊本県立美術館分館で開かれている(10日まで)。500人もの患者遺影など、本やインターネットでは得られない臨場感あふれる展示が圧巻だ。要所には石牟礼道子さんの文章が掲げられている。解説というより、展示物に命を吹き込む尽きざる魂の泉として、展観を支えている印象だ。

 水俣の表現者第1世代、写真家・桑原史成さんの作品の吸引力は格別である。被写体となった胎児性患者、半…

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2148文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです