メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑誌のハシゴ

ヒートショックと血圧サージ=荻原魚雷

 ■この冬は「ヒートショック」に気を付けろ!(週刊現代 11月11日号)

 ■健康最前線警告レポート 血圧サージで突然死の恐怖(週刊ポスト 11月10日号)

 ■NHKスペシャル「血圧サージ」は間違いだらけ 権威が教える正しい“冬場の血圧対策”(週刊文春 11月30日号)

 ヒートショック(気温性血圧激変症)は、急激な寒暖差による体への影響のことですね。冬は、入浴時にヒートショックが起こりやすいといわれています。血圧サージのサージは高波--つまり、急激な血圧の変動を意味します。ヒートショックや血圧サージは、心筋梗塞(こうそく)をはじめ深刻な疾病を引き起こす原因になっているそうです。

 『週刊現代』によると、「入浴中の事故死は年間1万9000人」(厚生労働省の調査)といわれ、「このほ…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです