メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

魔法の呪文「健康のため」 誤った情報もごまかせる?

=松尾貴史さん作

 「健康のためなら死んでもいい」という冗談があるが、「健康のため」という魔法の呪文は、多くの誤った情報もごまかせる力があるようだ。健康オタクと呼ばれる人や自称する人は多いが、「健康のため」にエネルギーや時間や金銭を費やすことに私は懐疑的だ。「健康のために何かをすることは不健康」と話すこともある。もちろん程度問題で、自分にあった枕を購入したり、散歩をしたり、体の中で作れないカルシウムや鉄分などを補給したりといったことについては、通念上何も疑うところではない。 

 古くは紅茶キノコ、ピラミッドパワーの類いから、水に溶く緑色のもの、コラーゲン、ヒアルロン酸、コエン…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1374文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです