メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

否定と肯定 ホロコーストめぐり欧米と日本に距離感

 ホロコースト。ユダヤ人を中心とする人々に対してナチス・ドイツの行った暴力的迫害、強制収容、そして大量虐殺ですね。二度とこのような殺戮(さつりく)が起こってはならない、起こすことを容認してはならないという決意が、第二次世界大戦後の世界、少なくとも欧米諸国を支えてきたと言っていいでしょう。

 それでも、ホロコーストはなかったという議論を立てる人がいます。殺害された人数がニュルンベルク裁判に認定された600万人よりも少ないという主張に始まって、強制収容所にガス室は存在しなかったとか、ヒトラーによる虐殺の指示はなかったという主張、さらにホロコーストはユダヤ人と連合国によるでっち上げだという主張もある。この映画はその、ホロコースト否定に関わる実話の映画化です。

 アメリカの歴史学者デボラ・リップシュタットがその著書「ホロコーストの真実」においてホロコースト否定…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1662文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]