メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン

大迫が3位 優勝はモーエン

3位でフィニッシュする大迫傑=平和台陸上競技場で2017年12月3日、津村豊和撮影

大迫、上門、竹ノ内がMGC進出

 2020年東京五輪の代表選考会・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を懸けた第71回福岡国際マラソンは3日、福岡市の平和台陸上競技場を発着するコースで開かれ、5000メートル日本記録保持者の大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が日本歴代5位の2時間7分19秒で日本勢トップの3位に入り、MGC進出を決めた。ソンドレ・モーエン(ノルウェー)が大会歴代2位の2時間5分48秒で初優勝。2位にはロンドン五輪金メダルのスティーブン・キプロティク(ウガンダ)が入った。上門大祐(大塚製薬)が2時間9分27秒、竹ノ内佳樹(NTT西日本)が2時間10分1秒で日本人2、3位に入り、MGC進出を決めた。川内優輝(埼玉県庁)は2時間10分53秒で9位、初マラソンの神野大地(コニカミノルタ)は2時間12分50秒で13位だった。

 今大会のMGC進出資格は日本人1~3位で2時間11分以内か、同4~6位で2時間10分以内。MGC進出者は北海道マラソン優勝の村沢明伸(日清食品グループ)を含めて4人になった。

 ペースメーカーが離れた30キロ過ぎに、大迫を含む5人の先頭集団となった。32キロ過ぎにモーエンとビダン・カロキ(DeNA)が抜け出し、36キロ過ぎにモーエンがスパートをかけて独走した。大迫はトップ争いから後れを取ったが、終盤にペースを上げたキプロティクに食らいつき、39キロ過ぎに3位に上がった。大迫以外の日本勢は28キロ過ぎに先頭集団から脱落したが、上門と竹ノ内が粘りを見せた。(正午の気象=スタートは午後0時10分=曇り、気温14.1度、湿度57%、北の風2メートル)

 ○…社会人2年目で挑んだ神野の初マラソンはほろ苦いものになった。中間点で1時間3分台の好ペースだったが、20キロ過ぎで先頭から遅れ始めるとついていけなくなった。日本人8位の13位でフィニッシュし、「中間点からペースが保てなくなった」と顔をしかめた。青学大では箱根駅伝の上り区間で活躍して「山の神」と呼ばれ、2015、16年の連覇を導いた。70キロ走をこなして周囲から注目されたが、直前に右のアキレスけんを痛めて思い通りのレースとはいかず「次は2時間10分を切りたい」と悔しさをかみ締めた。

 ○…一般参加の上門と竹ノ内がMGC出場切符を獲得し、東京五輪への挑戦権を得た。上門は中間点を過ぎて先頭から離されたが、40キロ手前で竹ノ内を抜き日本人2位でフィニッシュ。自己記録を3分以上縮める好タイムに「出来過ぎです」と驚きの表情だった。竹ノ内も30キロを過ぎて苦しくなったが「2時間10分が切れるんじゃないかと思い気が引き締まった」と意地を見せ、2時間10分は切れなかったが日本人3位に食い込んだ。今年のびわ湖毎日でマラソンデビューした2人が、ともに2度目のレースで大きな自信と手応えをつかんだ。

 ○…日本での初マラソンだったモーエンが大会歴代2位の好タイムで初優勝を果たした。32キロ過ぎにカロキとともに前に出ると、36キロ過ぎに一気にスパート。そのまま独走してゴールテープを切った。17歳まではスキーのクロスカントリーの選手で、2007年に陸上に転向。リオ五輪は19位だったが、ケニアで半年、トレーニングを積み、自己記録を5分近く更新した。欧州の新星として期待される26歳。「(世界の)トップとは2、3分開きがある。トレーニングを継続すれば彼らにも勝つことは可能だ」と声に力を込めた。

 川内優輝 単純にスピードがダメですね。また頑張ります。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
  2. 重過失致死 スマホ自転車、死亡事故 女子大生書類送検へ 神奈川県警
  3. JR東海 L特急名称廃止 来春のダイヤ改正で表記消える
  4. 世田谷一家殺害17年 遺族ら動画作成、無念伝える
  5. 富岡八幡宮死傷 超格差社会? 神社を巡る意外な事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]