森友売却問題

「口裏合わせ」深まる疑念 二つの録音

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
二つの音声データの主なやりとり
二つの音声データの主なやりとり

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、11月27~30日の衆参両院の予算委員会で二つの音声データが新たな焦点に浮上した。ともに昨春、近畿財務局と森友側の協議を録音したもの。値引きの理由とされた地下ごみの存在の口裏合わせをするかのようなやりとりと、売却の最低価格を巡る交渉とも受け取れる内容だ。財務省はそうした意図を否定したが、反論の根拠はほとんど示さずじまいで、野党は今後も安倍晋三首相を追及する方針だ。【水脇友輔】

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1157文字)

あわせて読みたい

ニュース特集