メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露疑惑

クシュナー氏が接触指示か フリン氏司法取引

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は虚偽供述をした罪で訴追され1日、罪を認めた。米主要メディアはトランプ米大統領の娘婿、クシュナー大統領上級顧問がフリン氏にロシア側との接触を指示したと報道。フリン氏はモラー特別検察官の司法取引に応じて全面協力を宣言しており、今後、政権中枢への捜査が本格化しそうだ。

 訴追資料によると、フリン氏はトランプ政権発足前の昨年12月29日、キスリャク駐米露大使(当時)と接触し、オバマ米政権が大統領選介入への報復措置として対露制裁を発表したことを受け、事態をエスカレートさせないよう要請。これに先立つ12月22日には、イスラエルの入植活動停止を求める国連安全保障理事会決議案について、ロシアが投票延期か反対するようキスリャク氏に依頼した。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです