メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

熊本市議の行動に賛否 盛り上がる背景は

熊本市議会開会前、議場で議会事務局職員(左)と話す緒方夕佳市議=熊本市中央区で2017年11月22日、城島勇人撮影

 熊本市議会で生後7カ月の長男を抱っこして議場に入った緒方夕佳議員(42)の行動に、賛否が渦巻いている。当初はバッシングの様相を呈していたが、勇気ある問題提起と称賛する声も増えてきた。盛り上がる議論の背景を探った。【小国綾子/統合デジタル取材センター、城島勇人/熊本支局】

広がり続ける女性間の格差

 ツイッター上の批判には、育児中の女性を名乗る投稿も少なくない。

この記事は有料記事です。

残り3781文字(全文3961文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです