メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

「返礼」は中学校の演奏会 三重・いなべ市

 三重県いなべ市は「ふるさと納税制度」を活用し、家庭で使われなくなるなど休眠状態の楽器を買い取り、提供者からその代金を寄付してもらう事業を来年度から始める。市立中学校の吹奏楽部の楽器不足を解消する狙いだ。寄付者は税控除され、「返礼」として、寄贈した楽器を使った中学校の演奏会に招待される。

     関連予算案を12月議会に提案する。楽器は、専門業者が査定したうえで市が買い取り、代金はそのまま市に寄付される仕組み。

     中学校のクラブ活動では、高額な楽器に充てる予算は限られ、買い換えられずに壊れるケースもあるという。このため休眠状態の楽器を募り、有効活用することにした。寄付者には吹奏楽部の生徒からの手紙で謝意を伝える計画だ。

     いなべ市政策課は「ふるさと納税の返礼品合戦が過熱する中、寄付者との交流に力点を置いた。楽器が多く集まれば、同じ悩みを抱える他の自治体にも貸し出したい」としている。【松本宣良】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
    2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
    3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
    4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです