メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーパーセル

クラロワでeスポーツに進出した理由

スーパーセルのeスポーツ・アジア担当、クリス・チョーさん=ロンドンのカッパー・ボックスアリーナで2日、兵頭和行撮影

 フィンランドのモバイルゲーム会社「スーパーセル」は、ゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」(以下クラロワ)の世界一決定戦を3日、英・ロンドンで開く。世界187カ国から2700万人が参加し、勝ち残った8カ国・地域の16人がトーナメント方式で対戦する。賞金総額1億円を投資し、モバイルゲームとしては珍しいeスポーツの世界大会を開催する狙いは何か。同社のeスポーツ・アジア担当のクリス・チョーさんとクラロワのゲーム開発責任者のジョナサン・ダウワーさんに話を聞いた。【兵頭和行、平野啓輔】

この記事は有料記事です。

残り2008文字(全文2249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです