メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「最低。」 AV出演女性と家族の葛藤描く 瀬々敬久監督

 AVに出演する女性たちと、それを知る家族の葛藤を描いた映画「最低。」が公開中だ。ピンク映画出身でもある瀬々敬久(ぜぜたかひさ)監督は「性愛表現のありようを総合的に撮ってみたいと思った」と語る。

 作中の女性たちは皆、心の中にさみしさや空虚感を抱えている。「AV監督に取材したら、『出演する女性たちの動機はお金と承認欲求』と話していた。夫とうまくいっていないとか、…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです