メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イベント

型にはまらない就活論 社会人1年生3人語る 「地域の仕事に面白さ」 /岐阜

今春、就職した(左から)戸高翼さん、竹村ふみさん、杉田映理子さん。右端は進行役の西田知佳さん=各務原市で

 今春から県内で働いている社会人1年生3人が、自らの就職活動を話し合うイベントが各務原市内で開かれた。売り手市場が続き、学生の大手志向も強まっているとされる中、3人は「規模の大小でなく地域に関わる仕事に面白さを感じる」と語る。少数派かもしれないが、大きな組織で安定感を求めるのとは異なる若者たちが語る夢に耳を傾けた。【高橋龍介】

 イベント「社会人1年目による、ためにならない就活論」は11月24日、各務原市内で開かれた。岐阜市内…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1167文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]