メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

春日井市特異火災等アドバイザー・籔内一博さん /愛知

籔内一博さん

 中部大学(春日井市)の籔内一博・工学部応用化学科准教授(41)が、春日井市消防本部の「特異火災等アドバイザー」に就任した。化学薬品や危険物を扱う工場などが火災になった場合、消防現場からの求めに応じて専門的な立場から取り扱いなどを助言する。

 籔内さんは有機機能材料と超分子化学を研究。油を固化させるゲル化材などの研究開発や、有機化合物など燃えやすい化学薬品に関係する研究が専門という。今年初め、市消防本部からアドバイザー就任の要請があり、9月に就任した。中部大と春日井市が結ぶ相互連携協定に基づいて実施された協力の一つという。

 化学工場などの火災で出動した消防隊から通信司令室を通してアドバイスを求められると、工場で扱っている化学薬品などの特性や消火上の注意点などを助言する。この種のアドバイザーは県に3人いるが、夜間など連絡できない場合を想定し、市内に住む籔内さんに助言を求めることになった。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです