メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017歳末点描

初詣へ破魔矢づくり 久留米成田山、準備大詰め /福岡

破魔矢を仕上げるみこ

 久留米市上津町の成田山久留米分院で、初詣の縁起物の準備が大詰めを迎えている。3人のみこが、来年のえと(戌(いぬ))が描かれた絵馬や鈴、短冊を破魔矢の本体に取り付けていた。

 同院は9月から本格的に準備を始め、破魔矢3000本、護摩札1万体、交通安全や身代わりのお守りは計7万個を用意した。みこの馬場ゆ…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです