メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

矢鳴千之さん(40)=豊前 子供にボクシングを教える僧侶 「人を思いやる心を」共に汗 /福岡

子供の懸命なパンチを受け止める矢鳴さん(左)

「輝き」引き出したい

 400年の歴史を持つ寺院の僧侶を務めながら、子供たちに週3回ボクシングを教えている。自身もアマチュアトップレベルで、プロのメインイベンターも務めた。力を出し合い互いにたたえ合う、人の痛みを知り思いやる、そんなボクシングの魅力を知ってもらい、それぞれが持つ輝きを引き出してやりたい、との思いで子供たちに声を掛け、共に汗を流す。

 「ナイスパンチ」「いいぞ」。大きな声が響く豊前市中心部のスポーツクラブ。小学2~6年の男女児童約1…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文885文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム事件 松本智津夫元代表の発言
  2. オウム事件 教団元代表の松本智津夫死刑囚の刑を執行
  3. 群馬・太田 利根川河川敷に「白いツバメ」 撮影に成功
  4. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
  5. 皇室 小室圭さん今夏、渡米へ 法律の専門知識深める意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]