メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

矢鳴千之さん(40)=豊前 子供にボクシングを教える僧侶 「人を思いやる心を」共に汗 /福岡

子供の懸命なパンチを受け止める矢鳴さん(左)

「輝き」引き出したい

 400年の歴史を持つ寺院の僧侶を務めながら、子供たちに週3回ボクシングを教えている。自身もアマチュアトップレベルで、プロのメインイベンターも務めた。力を出し合い互いにたたえ合う、人の痛みを知り思いやる、そんなボクシングの魅力を知ってもらい、それぞれが持つ輝きを引き出してやりたい、との思いで子供たちに声を掛け、共に汗を流す。

 「ナイスパンチ」「いいぞ」。大きな声が響く豊前市中心部のスポーツクラブ。小学2~6年の男女児童約1…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文885文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]