メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

仮設退去後の公営住宅入居申し込み、市が受け付け開始 「復興」150戸と市営・県営1150戸 /熊本

 熊本市は3日、仮設住宅などで暮らし、自宅再建の見通しが立っていない熊本地震の被災者を対象に、仮設住宅から退去後の長期的な住まいとして、公営住宅への入居申し込みの受け付けを始めた。市は災害公営住宅(復興住宅)150戸と既存の市営・県営住宅約1150戸の用意を目指している。ただ、復興住宅は2019年3月までには完成する予定だが、入居時期は未定。市営・県営住宅は来年4月の入居開始を見込んでいる。

 復興住宅と市営・県営住宅の両方に申し込むことができるが、市営か県営かは選べない。この日は東区と北区…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです