メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本政府

「一帯一路」民間協力指針 ビジネス後押し

 中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関し、日本政府が民間経済協力のガイドライン(指針)を策定した。年内にも経団連など経済界に説明し、東南アジアなどでの中国企業との協力を後押しする。インフラ需要などの取り込みによる経済成長とともに、対中関係の改善につなげる狙いだ。

 一帯一路に関しては、安倍晋三首相が11月にベトナムで中国の習近平国家主席と会談し、「第三国でも日中のビジネスを展開していくことが、両国のみならず対象国の発展にも有益」との認識で一致した。ただし、日本側には中国の進出への警戒感もあり、経済界か…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです