メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

平安から鎌倉期に活躍した仏師、運慶…

[PR]

 平安から鎌倉期に活躍した仏師、運慶(うんけい)。東京国立博物館で開催された運慶展で仏像の豊かな表情に驚いた人は多い。慈悲の心、怒り、悲しみ……。顔は内面を表すものだ▲今年はこちらの顔も注目された。「顔認証システム」である。登録された写真と照合すれば本人かどうか、瞬時に見分けられる。羽田空港ではこの10月に導入された。帰国する日本人の顔がパスポートと同じなのか判別している。2020年の東京五輪・パラリンピックではテロ対策にも威力を発揮する▲個人情報保護の観点で議論が行われる一方で、人工知能(AI)による顔認証の技術は急速に進んでいる。車に積んだカメラで撮影した運転者の表情などから疲れ具合を判断し、自動運転に切り替える。そんな未来のクルマもできそうだ▲AIを使ってコンサートの盛り上がりを判定するシステムも開発された。観客の表情から「喜び」や「驚き」の感情を分析し、満足度を数値化するという。AIが人の心を見透かす時代が来るのか▲職場にカメラを置いて社員の顔データを集めれば、仕事のやる気があるか、職場に不満があるか数値で判定できるようになるだろう。そうなれば社員はどんな顔を装えばいいかを学ぼうとするに違いない。顔がデータとして扱われるうちに、内面を素直に顔に表せなくなるかもしれない▲運慶の作品が生き生きとしているのは、人の内面を深く見つめ、仏像の顔として表現したからではないか。その目には今の人の顔がどう見えるだろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです