メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

国語学者、早大名誉教授・秋永一枝さん=9月29日死去・89歳

女性教育研究者の先駆 秋永一枝(あきなが・かずえ)さん=老衰のため、9月29日死去・89歳

 「上代特殊仮名遣いを知らない人は、不幸だ!」。大学で最初に履修した必修の授業で、秋永一枝先生のこの一言をきっかけに、私は日本語研究を志すことになる。

 先生は東京の下町に育ち、東京弁をこよなく愛された。そして、土岐善麿をはじめ、東京弁話者の言葉を精力的に記録し、著書「東京弁は生きていた」や「東京弁辞典」をまとめられたが、中心的な仕事は日本語アクセント史の研究である。

 早くも桜蔭高等女学校の生徒時代、国語教師の発音が東京アクセントと異なることが気になり、メモをとって…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです