メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/4 続く国民の「分断」

FARCが埋めた地雷で右足の一部を失い義足で生活するセルリ・ロチャさん=ボゴタで2017年12月2日、山本太一撮影

 内戦中、多くの殺人や誘拐に関与した左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)。その政治参加や事実上の恩赦を認めた和平合意に対し、遺族らの評価は分かれたままだ。

 「とてもつらく、心が痛かった」。マルタ・ルースさん(63)は、ボゴタの自宅近くの社交クラブで30人以上が死亡した2003年2月の爆弾テロ事件を振り返る。いずれも大学生だった次男アレハンドロさん(当時20歳)は死亡、長男フアンカルロスさん(37)は意識不明の重体となった。幸いフアンカルロスさんは意識を回復し、半年のリハビリを経て大学に復帰できた。

 その後、FARCメンバーのテロへの関与が裏付けられるなど事実関係が判明。友人らの精神的な支援を受けるにつれ、ルースさんは「次男は二度と帰ってこず、現実を受け入れなければならない。FARCに対する憎しみはない」と思えるようになったという。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです