メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
コロンビアは今

和平合意から1年/4 続く国民の「分断」

FARCが埋めた地雷で右足の一部を失い義足で生活するセルリ・ロチャさん=ボゴタで2017年12月2日、山本太一撮影

 内戦中、多くの殺人や誘拐に関与した左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)。その政治参加や事実上の恩赦を認めた和平合意に対し、遺族らの評価は分かれたままだ。

 「とてもつらく、心が痛かった」。マルタ・ルースさん(63)は、ボゴタの自宅近くの社交クラブで30人以上が死亡した2003年2月の爆弾テロ事件を振り返る。いずれも大学生だった次男アレハンドロさん(当時20歳)は死亡、長男フアンカルロスさん(37)は意識不明の重体となった。幸いフアンカルロスさんは意識を回復し、半年のリハビリを経て大学に復帰できた。

 その後、FARCメンバーのテロへの関与が裏付けられるなど事実関係が判明。友人らの精神的な支援を受け…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1273文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです