メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

家庭クラブの挑戦

 福岡県立宇美商業高校3年の女子生徒3人が創作料理「明太子とこんにゃくの美人麺」で、高校生がアイデア料理を競う全国大会「ご当地!絶品うまいもん甲子園」に挑んだ。今年で6回を数える大会は地元の食材を使うのが条件だ。

 福岡名物の明太子を混ぜたスープと、ヘルシーなこんにゃく麺で若い女性をターゲットにした3人の料理は、35チームが応募した九州エリアの書類審査を通り、8月にあった九州大会に出場。料理を専門に学ぶ学科がある学校に敗れ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです