メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

「無意識の偏見」なくそう

マニュライフ生命でウェブ会議システムを通じて実施された無意識のバイアスに関する社内研修=東京都新宿区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「女性は理系より文系が得意」「若い人のほうが発想が柔軟」--。そんな誰もが潜在的に持っている「無意識のバイアス(偏見)」による影響を職場からなくそうという取り組みが、企業や大学で始まっている。能力を公平に評価することで、多様な人材を生かすことができるという。

 ●誰もが持っている

 「誰が最も頻繁に休暇を取りそうでしょうか?」「誰が最も次のCEO(最高経営責任者)になりそうでしょうか?」。こんな質問とともに、子供と一緒にいる若い女性やネクタイを締めた中年の白人男性、中東系の青年、スーツを着た白人女性やアジア系男性の写真が画面に示された。回答者は手元のパソコンを使い、瞬時に答えを選択する。外資系生命保険会社「マニュライフ生命」(東京都新宿区)が11月、課長、係長級の部下を持つ…

この記事は有料記事です。

残り1909文字(全文2265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです