メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知る見るBS11

お茶の間が特等席

 先月26日に開催された中央競馬「ジャパンカップ」は、北島三郎さんと「ハマの大魔神」佐々木主浩さんの持ち馬の対決。佐々木さんのシュヴァルグランが制して盛り上がった。売り上げも221億8500万円と前年比7・4%増の人気ぶりだ。ファンはご存じだが、競馬予想は知的なゲーム。過去の戦績、馬の状態、騎手との相性、そして他の出走馬との駆け引きをイメージしてお気に入りの馬に賭ける。

 そんな競馬ファンのため、BS11は週末の土、日曜に「BSイレブン競馬中継」(第1部=正午、第2部=午後4時)を放送している。土曜は高見侑里と高田秋、日曜は東幹久と宮島咲良をMCに、ベテラン解説陣がレースをわかりやすく解説、予想する。レース中継だけでなく、かつての名馬たちの映像、エピソードを特集したコーナーもある。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです