メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童書

まるこ、君がいるだけで 捨て犬いまお年寄り癒やす 兵庫・特養の物語

久しぶりにまるこに会った入所者は顔をほころばせた=兵庫県豊岡市日高町のたじま荘で、高田房二郎撮影

 ペットブームの陰で、捨てられたり、殺処分されたりする犬や猫がいる。短く閉じたかもしれない運命から救われ、兵庫県豊岡市の高齢者施設で癒やし犬として活躍するようになった1匹の雑種犬の物語が、児童書として刊行された。関係者は「人でも動物でも、存在するだけでだれかの役に立っていることを、子供たちに知ってほしい」と話している。【高田房二郎】

 児童書は「いやし犬まるこ お年よりによりそう犬の物語」。兵庫県社会福祉事業団が運営する同市日高町の…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文824文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]