メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童書

まるこ、君がいるだけで 捨て犬いまお年寄り癒やす 兵庫・特養の物語

久しぶりにまるこに会った入所者は顔をほころばせた=兵庫県豊岡市日高町のたじま荘で、高田房二郎撮影

 ペットブームの陰で、捨てられたり、殺処分されたりする犬や猫がいる。短く閉じたかもしれない運命から救われ、兵庫県豊岡市の高齢者施設で癒やし犬として活躍するようになった1匹の雑種犬の物語が、児童書として刊行された。関係者は「人でも動物でも、存在するだけでだれかの役に立っていることを、子供たちに知ってほしい」と話している。【高田房二郎】

 児童書は「いやし犬まるこ お年よりによりそう犬の物語」。兵庫県社会福祉事業団が運営する同市日高町の…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです