メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米原子力空母

横須賀に帰港 ロナルド・レーガン

横須賀港に戻った米原子力空母ロナルド・レーガン=神奈川県横須賀市で2017年12月4日午前10時27分、本社ヘリから西本勝撮影

 米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンは4日、今年の警戒活動や訓練などの作戦航海を終えて神奈川県横須賀市の横須賀基地に帰港した。来春までメンテナンスなどを行うとみられる。北朝鮮情勢が緊迫する中、異例の3空母の合同訓練や、日米、米韓の共同訓練などに参加した。

     レーガンは9月に同基地を出港した。海上自衛隊や韓国との共同訓練を経て、日本海で空母ニミッツ、同セオドア・ルーズベルトと10年ぶりの3空母による訓練を実施し、戦力を誇示。弾道ミサイル発射や核実験で挑発を繰り返す北朝鮮をけん制した。

     一方で海上自衛隊との訓練から離れた直後の先月22日、太平洋上で艦載機のC2輸送機が墜落事故を起こし、3人が行方不明になっている。【田中義宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
    3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
    4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]