メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹氏

ゆかりの書店閉店 店主「イベントは今後も」

閉店となったこの日、町歩きイベントの参加者に千駄ケ谷と村上氏との関係を説明する斎藤さん=東京都渋谷区で2017年12月3日午前10時57分、鈴木理之撮影

 作家の村上春樹氏(68)のファンが集う「聖地」として知られる東京都渋谷区の千駄ケ谷にある書店「ゆう」が3日、閉店した。店主の斎藤祐さん(72)は、ジャズ喫茶を営んでいた村上氏と同じ商店街で店を構えた仲間。ノーベル文学賞の発表時には毎年イベントを開き、村上氏を応援してきた。経営悪化のため、訪れたファンらに惜しまれながら、静かに店を閉じた。

 村上氏は夫婦で1974年にジャス喫茶「ピーターキャット」を国分寺に開店。3年後に千駄ケ谷の商店街に…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです