メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹氏

ゆかりの書店閉店 店主「イベントは今後も」

閉店となったこの日、町歩きイベントの参加者に千駄ケ谷と村上氏との関係を説明する斎藤さん=東京都渋谷区で2017年12月3日午前10時57分、鈴木理之撮影

 作家の村上春樹氏(68)のファンが集う「聖地」として知られる東京都渋谷区の千駄ケ谷にある書店「ゆう」が3日、閉店した。店主の斎藤祐さん(72)は、ジャズ喫茶を営んでいた村上氏と同じ商店街で店を構えた仲間。ノーベル文学賞の発表時には毎年イベントを開き、村上氏を応援してきた。経営悪化のため、訪れたファンらに惜しまれながら、静かに店を閉じた。

 村上氏は夫婦で1974年にジャス喫茶「ピーターキャット」を国分寺に開店。3年後に千駄ケ谷の商店街に移転した。デビュー作「風の歌を聴け」(79年)を執筆したのもこの街。同年に新人作家の登竜門・群像新人文学賞を受賞した。斎藤さんが店主を務めていた「ゆう」の前身の書店には、村上氏が夫婦で訪れ、料理本や週刊誌などを購入していたという。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです