メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本政府

「一帯一路」民間協力指針 ビジネス後押し

 中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関し、日本政府が民間経済協力のガイドライン(指針)を策定した。年内にも経団連など経済界に説明し、東南アジアなどでの中国企業との協力を後押しする。インフラ需要などの取り込みによる経済成長とともに、対中関係の改善につなげる狙いだ。

 一帯一路に関しては、安倍晋三首相が11月にベトナムで中国の習近平国家主席と会談し、「第三国でも日中のビジネスを展開していくことが、両国のみならず対象国の発展にも有益」との認識で一致した。ただし、日本側には中国の進出への警戒感もあり、経済界からは「どこまで踏み込んで投資すればいいのか分からない」(製造業幹部)との…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです