メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラロワ

世界一決定戦を開催 日本勢は初戦敗退

 ゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」(スーパーセル社、以下クラロワ)の世界一決定戦が3日、英・ロンドンのカッパー・ボックスアリーナで行われ、メキシコのセルジオラモスさんが世界一の栄冠に輝いた。日本代表のフチさん、アマテラスさんはいずれも初戦で敗退した。【兵頭和行、平野啓輔】

 クラロワは、スマートフォンとタブレットで遊べる対戦型カードゲームで、世界中のプレーヤーとリアルタイムで対戦できる。ゲームは手持ちのカードを使いながら、制限時間内で相手のタワーを一つでも多く破壊した方に軍配が上がる。最大8枚のカードを駆使した戦略性の高いゲーム性が人気で、世界各国のアプリセールスランキングで首位を獲得している。クラロワはオンライン対戦が普通だが、各国の予選を勝ち抜いた選手同士が顔を合わせて対戦する世界大会は初めての開催で、いわゆるeスポーツとして注目を集めていた。

 世界一決定戦には、187カ国から2700万人が参加し、日本、中国、韓国、東南アジア、欧州、北米、南…

この記事は有料記事です。

残り1876文字(全文2307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです