メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン

大迫2時間7分19秒 日本歴代5位

3位でフィニッシュする大迫傑=平和台陸上競技場で2017年12月3日、田鍋公也撮影

福岡国際マラソン(3日)

力出し切り、世界に近づく

 2度目のマラソンのフィニッシュテープを、大迫は引き締まった表情のまま切った。初挑戦だった4月のボストンは最後にガッツポーズ。その時を上回る日本歴代5位の好記録にも笑顔はなく、「何も考える余裕がなかった。100%、自分の力を出せた」と振り返った。

 「マラソンは自分との対話」。こう話す大迫にとっての正念場は、30キロ過ぎだった。外国勢2人が抜け出し、大迫はやや離れた位置で一人旅となった。それでも「他の人は考えず、自分のリズムに集中していた」。35キロまでの5キロ…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです