メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

クローン人間? 韓国代表監督が独レーヴ監督にそっくりと独紙が紹介

情報提供:サッカーキング

W杯で同じグループFとなった韓国代表のシン・テヨン監督(左)とレーヴ監督(右) [写真]=Getty Images
 1日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシアの組み合わせ抽選会の結果、グループFには前回優勝国のドイツのほか、メキシコ、スウェーデン、韓国の3カ国が入った。各国で対戦国に関する報道が多くなる中、ドイツではある意外な理由で、韓国を率いるシン・テヨン監督に注目が集まっているようだ。2日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 シン・テヨン監督が注目される理由とは、ドイツを率いるヨアヒム・レーヴ監督と格好が非常に似通っていることにあるという。試合では、両監督ともに“白いシャツに黒のパンツ”が定番のコーディネート。また、片方の腕にブレスレットをつけて、反対の腕には腕時計をつけることや、髪の色、ヘアスタイルなど類似点は多い。『ビルト』はシン・テヨン監督について、「ほぼ完璧なレーヴ監督のクローン人間」と伝えている。

 シン・テヨン監督については、同監督がKリーグの城南一和を指揮していた2012年にも、レーヴ監督の“そっくりさん”だとしてドイツメディアに紹介されたことがある。また同監督も、2016年の『ビルト』の取材に対し、「私がドイツで有名なのは知っている。レーヴ監督は良いファッションセンスの持ち主だけど、別に彼のことを真似しているわけじゃないよ。彼も私もトレンドファッションに興味があるから、それで格好が似てくるんだと思う」とコメントしている。

 来年夏の本大会で、ドイツと韓国は6月27日に行われるグループステージ最終戦で対戦する。試合当日にはピッチ上の戦いだけではなく、両監督の服装にも注目だ。

(記事/Footmedia)

【関連記事】
●ベネヴェントGKがセリエA史上16年ぶりの快挙! 開幕14連敗をストップ
●エヴァートンのアラダイス新監督、オファーを受諾した理由を明かす
●ハメスに現役女子大生モデルの妹がいた…インスタのフォロワーは26万超
●セルジオ越後氏、W杯の組み合わせ決定に「日本には期待しているが、全敗も覚悟」
●香川真司、前回敗戦のコロンビアと同組で「また戦えるのはひとつの運命」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです