メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

「ありがとうディエゴ」…英紙が抽選アシスタントを務めた宿敵に感謝

情報提供:サッカーキング

抽選アシスタントを務めたマラドーナ氏 [写真]=Getty Images
 1日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 組み合わせ抽選会で、イングランドはベルギー、パナマ、チュニジアと同じグループGに入った。この結果を受けて、ポッド2の抽選アシスタントを務めたアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏に、同国メディアから感謝のコメントが相次いでいる。

 マラドーナ氏とイングランドには深い因縁がある。1986年のメキシコW杯準々決勝では、マラドーナ氏を擁するアルゼンチンとイングランドが対戦。共にサッカー史に残る伝説のゴールとなった同氏の“神の手ゴール”と“5人抜きゴール”によって、イングランドは1-2で敗れた。以来、両国の間には強烈なライバル意識が生まれ、マラドーナ氏も特に1点目の“神の手ゴール”の影響でイングランドでは敵視される存在となっていた。

 しかし、ポッド2だったイングランドは、マラドーナ氏の抽選のおかげでW杯優勝国との対戦を避けることに成功。また比較的楽なグループに入ったとの考えから、「ありがとう、ディエゴ」(テレグラフ紙)、「彼はイングランドのためにやってくれた」(ミラー紙)など、同国メディアはこぞって同氏への感謝を綴った。なお、抽選会の司会を務めた元イングランド代表FWゲーリー・リネカー氏も思わず、「ディエゴはいつも手の使い方が上手いんだ!」とジョークを飛ばしている。

 ブラジルで行われた前回大会では、ウルグアイ、イタリア、コスタリカと同居する“死の組”に入ったイングランド。結果は、1分け2敗の最下位でグループステージ敗退となった。それを思えば、今回の抽選結果は恵まれたと言え、決勝トーナメント進出は最低目標となりそうだ。

(記事/Footmedia)

【関連記事】
●W杯の対戦カード一覧…開幕戦はロシアvsサウジのFIFAランク“最下位”対決
●サウスゲイト監督、W杯GS突破へ前向きな姿勢「2試合は結果を出せる」
●母国の代表に警鐘を鳴らすベッカム氏「W杯に楽な試合は存在しない」
●“マラドーナ級”ゴールのリンガード…得点後のポーズはあの神様?
●なんとカンテ超え! プレミアで最もインターセプトが多い選手は?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです