LGBT

「先進」21カ国・地域、足で集めた世界の事情 あす大阪で報告会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
LGBTの権利擁護に関する先進国を訪問する旅で、2017年8月に台湾を訪れた藤原直さん=藤原直さん提供
LGBTの権利擁護に関する先進国を訪問する旅で、2017年8月に台湾を訪れた藤原直さん=藤原直さん提供

 女性の体で生まれたが性別を変更して男性として暮らす藤原直(なお)さん(39)=大阪市旭区=は今夏、性的少数者(LGBTなど)の権利擁護について先進的な取り組みをしている海外諸国を訪ね、2カ月余りかけて世界一周をした。「LGBTはどこにでも当たり前にいる。世界で見聞きしたことをどう生かせるか考えたい」と全国で講演活動を続け、6日には地元の大阪市で演台に立つ。

 世界一周のきっかけは、2003年から5年間暮らしたニュージーランドでの経験だ。京都で保育士をしていたが、自分を明かせない居心地の悪さからワーキングホリデーを使って渡航した。同性婚の制度化前だったが、休日に広場で堂々と過ごす同性カップルに驚いた。「世界の進んだ状況が伝われば日本も変わるのでは」。昨秋、勤務先の保険代理店を退職したことを機に挑戦を決めた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文877文字)

あわせて読みたい

注目の特集