メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地酒

可児の米で完成 「羽崎」きょう発売 耕作放棄地で栽培 /岐阜

完成した可児市の地酒「羽崎」

 可児市の耕作放棄地で栽培した米を使って地元酒造会社が醸造した地酒「羽崎」が完成した。当面は地元の酒店や飲食店で限定販売し、将来的には市内全域の酒店での提供を目指している。

 米作りは同市土田の有限会社「楽農楽人」が取り組み、同市久々利の耕作放棄地で「あさひの夢」を栽培した。収穫した米は同市羽崎の「林酒造」で醸造、文政2(1819)年に同市土田で創業した愛知県岩倉市の製瓶大手の石塚硝子が容器を製造した。「可児市ブランド推進…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです