メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者

点字あっても一苦労 名古屋駅周辺調査、改善求め来年シンポ /愛知

名古屋駅のバスターミナルで案内板を調べる六モクテキノカイの寺西善彦さん(右)=名古屋市中村区で

 視覚障害者などでつくる市民団体が、名古屋市中村区の名古屋駅周辺を調査した。新ビルが建ち並ぶ名駅地区だが、視覚障害者に使いづらい点字案内板などが見つかった。結果は来年2月に開くシンポジウムで発表し、関係施設に改善を求めていく。【黒尾透】

 調査したのは、今年4月に名古屋盲人情報文化センター(同市港区)の職員らで設立した「六(ム)モクテキノカイ」。寺西善彦会長(33)らが3人ずつ2班に分かれ、地下鉄駅から地下街や郵便局経由でバスター…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです