メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ココクール・マザーレイク・セレクション

湖国で紡がれる物語/15 「甲賀もち工房」の「甲賀もち」 /滋賀

滋賀羽二重糯使い伝統製法 新商品でまちおこし

 甲賀市小佐治地区で栽培されたもち米「滋賀羽二重糯(もち)」を使用して作られた餅の「甲賀もち」。小佐治地区は、260万年前は古琵琶湖の底であったと言われ、湖底に堆積(たいせき)した細かい泥はもち米の栽培に適した重粘土質の土壌で、全国でもトップクラスの品質を誇ります。さらに県の「環境こだわり農産物」の認証も受け、めだかやドジョウが往来できるような環境に配慮した栽培をしています。

 このもち米を用いて、伝統を受け継いだ杵(きね)つき製法によってねばり・こし・キメの細かさ、そして驚…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文898文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]