メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ココクール・マザーレイク・セレクション

湖国で紡がれる物語/15 「甲賀もち工房」の「甲賀もち」 /滋賀

滋賀羽二重糯使い伝統製法 新商品でまちおこし

 甲賀市小佐治地区で栽培されたもち米「滋賀羽二重糯(もち)」を使用して作られた餅の「甲賀もち」。小佐治地区は、260万年前は古琵琶湖の底であったと言われ、湖底に堆積(たいせき)した細かい泥はもち米の栽培に適した重粘土質の土壌で、全国でもトップクラスの品質を誇ります。さらに県の「環境こだわり農産物」の認証も受け、めだかやドジョウが往来できるような環境に配慮した栽培をしています。

     このもち米を用いて、伝統を受け継いだ杵(きね)つき製法によってねばり・こし・キメの細かさ、そして驚異的なのびを全て兼ね備えた餅に仕上げています。お正月の自宅用や贈答品として、またお祝いなどに県内外から人気です。

     「甲賀もち」を販売している「甲賀もち工房」は、「滋賀羽二重糯」を地域の特産品として生産・加工・販売する地域ぐるみの6次産業の先駆けとして、まちおこしに取り組んでいます。多彩なおもちのラインアップだけでなく、あられ、米粉のどら焼きやたい焼きなど、もち米や米粉で新たな商品づくりを展開しています。(原則、火曜隔週掲載)<文・写真は県商工政策課>


    メモ

     よもぎあん餅<3個入り>350円▽半餅<しゃぶしゃぶもち>200グラム、13~14枚入り380円▽忍者もち<10枚入り>650円▽甲賀もち<白切り・丸もち><12枚・12個入り>650円▽こわもち<12枚入り>650円(全て税込み)。

    有限会社甲賀もち工房

     甲賀市甲賀町小佐治2121-1。電話0748・88・5841。ホームページ(http://www.koka-mochi.jp/)。


    県の「環境こだわり農産物」

     化学合成農薬および化学肥料の使用量を慣行の5割以下に削減するとともに、濁水の流出防止など、琵琶湖をはじめとする環境への負荷を削減する技術で生産された農産物を県が「環境こだわり農産物」として認証する制度。


     「ココクール マザーレイク・セレクション」の公式ホームページ(https://www.kokocool-shiga.jp/)をリニューアルしました。詳細について、ぜひご覧ください。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
    2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
    3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
    4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです