メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カラーショー

今治染色で1000色の世界 7日から、東京で /愛媛

今治の染色技術で1000色の世界を描く「1000 COLORS RECIPE」のイメージ図

 「誰も見たことのない1000色の世界を、今治の染色技術で紹介する」。そう銘打った色鮮やかな空間展示「IMABARI Color Show」(今治カラーショー)が7日、東京都港区南青山5のスパイラルガーデンで始まる。県繊維染色工業組合(今治市)が主催。「今治タオルを支えてきた技術で、染色が切り開く未来を映し出したい」という初の試みだ。10日まで。

 組合には今治、西条市の8社が加盟する。特徴ある色や表情を安定して発揮することで今治のタオル産業と共に進み、県繊維産業技術センターなどと連携して先進技術を取り入れてきた。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです