メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場報告・トランプと世界

欧州覆う自国第一(その2止) 保守系、警戒あおり伸長 「欧州守る」モスク建設妨害

 

 「移民が多い地区で『ゴロツキが若い女性を暴行した』と書けばいい。どんなやつらが住んでいるかは、明記せずとも伝わる」

 フランス南東部リヨン。欧州各地に支部を持つ若者らの保守系団体「ジェネレーション・アイデンティティー」(GI)の本部ではリーダーのロマン・エスピノさん(24)がインターネット向けの文章の書き方を指導していた。「人種差別」との批判をかわしつつ、移民らへの警戒心をかきたてることが目的だ。

 本部には、2015年11月のパリ同時多発テロの実行役とされる移民系フランス人らの顔写真と、「フラン…

この記事は有料記事です。

残り1989文字(全文2241文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです