連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

アレルギー食べて治せる? 徐々に慣らす経口免疫療法 重症化の例も=回答・下桐実雅子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 横浜市の病院で牛乳アレルギーの治療を受けていた子どもが重症になったと聞いたよ。どういうことなの。

 記者 食物(しょくもつ)アレルギーの経口免疫療法(けいこうめんえきりょうほう)のことですね。食物アレルギーは卵や牛乳、小麦など、特定の食品をとると、じんましんや腹痛、せきなどのさまざまな症状が出ます。学校に入っても2・5~4・5%の子に食物アレルギーがあるというデータがあります。少し食べただけでも呼吸困難や血圧低下などの重い症状を起こす人もおり、給食や外食で誤って食べてしまう心配があります。経口免疫療法は、食べても症状が出ないように体を慣れさせます。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文812文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集