メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

アレルギー食べて治せる? 徐々に慣らす経口免疫療法 重症化の例も=回答・下桐実雅子

 なるほドリ 横浜市の病院で牛乳アレルギーの治療を受けていた子どもが重症になったと聞いたよ。どういうことなの。

 記者 食物(しょくもつ)アレルギーの経口免疫療法(けいこうめんえきりょうほう)のことですね。食物アレルギーは卵や牛乳、小麦など、特定の食品をとると、じんましんや腹痛、せきなどのさまざまな症状が出ます。学校に入っても2・5~4・5%の子に食物アレルギーがあるというデータがあります。少し食べただけでも呼吸困難や血圧低下などの重い症状を起こす人もおり、給食や外食で誤って食べてしまう心配があります。経口免疫療法は、食べても症状が出ないように体を慣れさせます。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです