メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 若者に寄り添う体制を NPO法人「蜘蛛の糸」理事長・佐藤久男さん

 電話や面談で悩みを聴いていると「死にたい」「生きる価値がない」と口にする相談者が多い。だが、そういう人の心には必ず「生きたい」という気持ちが共存している。今回の事件の被害者は、揺れる気持ちを悪用されたのかもしれない。

 20代くらいの若者はバブル崩壊後の厳しい経済状況で暮らす親を見てきたため、将来に夢や希望を持つのが難しいのかもしれない。インターネットでは死ぬ手段に関する情報があふれ、顔を知らない人とつながりやすい。弱さにつけ込まれやすい環境にあるのではない…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです