メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高田守先生の生き物語り

進化し続けないと絶滅!?

 英国の児童小説「鏡の国のアリス」に登場するキャラクター「赤の女王」のセリフに、こんな一節がある。「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」。物理的にはなんとも不条理な話だが、生物の進化に関しては、このセリフが当てはまると考えられている。

 地球上の生物は必ず他の生物と関係を持ちながら生きている。他の生物を食べたり、身を守ったり、資源を巡って競争したり、病原体と闘ったりしている。例えば、追われる側の者が、進化によって逃げ足が速くなったとする。追う側は、より巧妙に相手を襲う方法を進化によって身につけなければ、食事にありつけなくなるだろう。

 このように、生物が他の生物との関係性を維持し、生存し続けるためには、常に進化し続けなければならない…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです