第72回毎日甲子園ボウル

日大「東日本復権へ」/関学大「攻撃流れ作る」 17日激突

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で17日に行われる全日本大学アメリカンフットボール選手権決勝「三菱電機杯 第72回毎日甲子園ボウル」(毎日新聞社、日本学生アメリカンフットボール協会主催、三菱電機特別協賛)に出場する東日本代表・日大(関東)と西日本代表・関学大(関西)の監督と主将が4日、同球場で記者会見した=写真・猪飼健史撮影。日大は3年ぶり34回目、関学大は2年連続51回目の出場で、両校の対戦は3年ぶり29回目(これまで日大の16勝10敗2分け)となる。

 今春の定期戦では関学大が30-6で勝ったが、日大の内田正人監督(62)は「春の結果は度外視。関学大は相当強いが、学生たちがどう消化して甲子園で戦うか楽しみ」と強調。関学大の鳥内秀晃監督(59)は「私が学生だった4年間は日大に負けた。それが指導者を目指す原点にもなった。OBの思いも背負ってやりたい」と意気込んだ。関東・東日本代表は第62回(2007年)以降10連敗中。日大のDL・山崎奨悟主将(4年…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集