メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

専門家に聞く 早稲田大大学院教授(金融論)・岩村充さん/日銀フィンテックセンター長・河合祐子さん

 連載企画「鳴動フィンテック」第2部では、金融と情報技術(IT)が融合したフィンテックが、通貨や銀行のあり方を変えつつあることを現場から報告した。政策担当者と識者に通貨の未来について聞いた。

中銀も仮想通貨視野に 早稲田大大学院教授(金融論)・岩村充さん

 仮想通貨の代表格であるビットコインは価格が激しく上下するため、価値を保存するという通貨の役割を果たしていない。あらかじめ定めたルールで、コインの需要が増えても供給量が相応に増加しない仕組みになっているためだ。だが、このルールを変えて価値を安定させれば、預金や貸し出しもしやすくなり、流通量が増える。中央銀行が発行する通貨のライバルにもなり得る。これは長い貨幣の歴史でも初めてのことだ。

 各国の中銀も、デジタル通貨を発行することは可能だ。中銀デジタル通貨は供給量の管理が容易で、金融政策…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1311文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです