メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サケ販売

割安な川サケ人気 不漁高騰海ザケに代わり

川ザケを手に取って選び、買い求める人たち。大きいサケから売れた=岩手県宮古市津軽石のサケ直売所で2017年12月4日、鬼山親芳撮影

 津軽石さけ繁殖保護組合(岩手県宮古市)は4日、津軽石川で稚魚生産のため卵を取った後のサケの販売を始めた。値段は不漁だった昨季当初と同じだったが、海ザケの高騰に悲鳴を上げる市民が買い求めた。

 同組合は河口部に網を張って捕獲し、宮古漁協と共同で卵と雄の精子を取っている。値段は腹を割った雌が1キロ300円、雄が400円(共に税込み)。

 午前9時ごろから販売され、河口の河川敷にある直売所には約40人が列をつくった。1回に買えるのは雄2…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです