メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台市

いじめ対策で横断的にまとめる部署の設置へ

郡和子仙台市長=本橋敦子撮影

 いじめを受けた仙台市立中生徒の自殺が相次いだ問題を巡り、郡和子市長は4日、現在進められている原因究明や再発防止の議論を横断的にまとめる部署の設置を検討していることを明らかにした。新年度にも実現を目指す。同日あった市議会の「いじめ問題等対策調査特別委員会」で議員の質問に答えた。【本橋敦子】

 4月に市立折立中2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題を受け、市と市教育委員会は、市立学校での体罰の状況などを検証する「いじめ対策等検証専門家会議」と、折立中の自殺問題の実態を調べる市教委常設…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 女性殺害容疑で69歳を逮捕 マンション集会所で刺す 兵庫・西宮

  4. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  5. ORICON NEWS 時価総額4000万円以上 香港在住コレクターが『遊戯王』カードで学んだ人生哲学「重要なのはチャンスをものにすること」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです