メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナミハンドウイルカ

京都に群れ出現 天草から回遊か

栗田湾で回遊するミナミハンドウイルカの群れ。ひれの特徴が分かる写真を募っている=京都府宮津市で2017年11月25日、府立海洋高提供

 京都府宮津市の栗田湾にミナミハンドウイルカの群れが姿を現した。先月から16頭が確認されていて、3日には半分ほどに分かれ伊根湾の近くでも回遊していた。研究者によると、イルカのひれの特徴から九州の天草諸島から800キロほど泳いできた可能性が高いという。そんな長旅をなぜ? 海に現れた珍客の生態に迫ろうと、地元の府立海洋高はイルカの写真を求めている。【安部拓輝】

 先月14日に伊根湾で卒業生が見つけた。21日には栗田湾でイワガキの選別実習をしていた生徒が発見。そ…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです