メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英とEU

交渉正念場 首脳協議へ 「手切れ金」など焦点

 【ブリュッセル八田浩輔】英国のメイ首相は4日、ブリュッセルを訪れ、欧州連合(EU)離脱に向けてEUのユンケル欧州委員長やバルニエ首席交渉官と会談した。メイ氏はEUが支払いを求める「手切れ金」などを巡る新たな提案で基本合意につなげ、年内の貿易協議入り決定に道筋をつけられるか交渉前半の正念場となる。

 双方は今回の会談に向けて、手切れ金のほか、EU加盟27カ国から英国に移住している300万人の「EU市民」の権利保障、加盟国アイルランドとの間で生じる国境管理について週末も事務レベルの交渉を続けてきた。

 今年6月に始まった交渉で、英国は離脱後の経済の混乱を避ける移行措置や自由貿易協定(FTA)の話し合…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです