メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

困窮者向け住居

安住の場、ほど遠く 1日1食、月9万円

1カ月あたり9万5400円を支払って、無料低額宿泊所で生活していた男性=東京都内で11月24日、西田真季子撮影(画像の一部を加工しています)

 1951年にできたころの無料低額宿泊所は、仕事にあぶれた日雇い労働者らの仮住まいの役割が期待されていた。経済成長に伴い生活保護制度は充実し、保護費を狙った「貧困ビジネス」の温床になっていった。だが、高齢化を背景に受給者は近年、終戦の混乱期並みに増加。厚生労働省が新制度の検討を始めたのは、高齢者の安住の場が求められているからだ。【西田真季子、桐野耕一】

 「プライベートや自由もなく、まるで島流しの刑だ」。70代の男性は、今年8月までの約2カ月の無料低額…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1159文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
  2. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
  3. 世界の雑記帳 英ロイヤルベビーの名前、賭け予想は「メアリー」「アリス」など
  4. ひき逃げ容疑 女性死亡で74歳女逮捕 埼玉・春日部
  5. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]