メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

松浦 弥太郎・評『文学効能事典』『パリのおばあさんの物語』

読むことで癒える傷があり読むことで解決する問題がある

◆『文学効能事典 あなたの悩みに効く小説』エラ・バーサド、スーザン・エルダキン/著(フィルムアート社/税別2000円)

◆『パリのおばあさんの物語』スージー・モルゲンステルヌ/著、岸惠子/訳(千倉書房/税別1600円)

 こんなときどうする? という言葉が、いつも頭の中をめぐっている。

 この先、何が起きるのかわからない現代社会において、その“こんなとき”というバリエーションを、いかに…

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです