メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『健康格差』NHKスペシャル取材班

健康になる環境作りは国家や社会の仕事

◆『健康格差』NHKスペシャル取材班(講談社現代新書/税別780円)

 世界に誇る国民皆保険制度によって、日本人の健康格差が小さかったのは過去の話。いまや長寿大国の称号や健康長寿の目標は脅かされている。

 WHO(世界保健機関)が指摘する通り、健康格差を生み出す背景には「所得」「地域」「雇用形態」「家族構成」の四つが深く関わっている。特に、経済力の違いが生む健康リスクは大きく、生活習慣病ともいえる2型糖尿病、精神疾患、肥満、脳卒中、歯周病など多岐にわたる。若年化、重症化も著しい。また、貧困世帯の子どもの肥満の増加など、健康格差が世代を超えて連鎖する懸念も生まれている。

 その一方で、本書が紹介する、格差解消の一助になった国や地域によるいくつかの取り組みがすばらしい。英…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文902文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです